おくすり紹介

ほとんどのお子さまにとって、お薬は苦手なものです。

最近は甘いものや飲みやすいものなど様々なお薬が開発されていますが、それでもお薬が苦手なお子様はとてもたくさんいらっしゃいます。

粉薬の場合、当院で最もお勧めしているのは、数滴の水で練ったペースト状のお薬を、お口の中の「舌が当たりにくい」ほほの内側などに添付する方法です。

その他にも、お子様の好きな飲食物と混ぜることで飲みやすくするご家庭など、皆様色々と工夫していらっしゃいます。

他の飲食物と混ぜるものによっては、苦みが増してしまう場合もありますので、薬剤師にご相談ください。

お皿に、粉薬をのせて、数滴の水で少しづつ混ぜ、ペースト状にします。

お薬を水や食べ物に混ぜて飲ませる場合には、作り置きせずに飲ませる直前に混ぜてください。

きれいに洗った指で、お子様の「ほほ」の内側か「上あご」に手早く塗ります。

乳児や離乳食を与えているお子様の場合、ミルクやおかゆなどの主食となる食べ物とお薬を混ぜるのは避けてください。お薬のせいで、主食が嫌いになってしまう恐れがあります。

泣いているときにお薬を飲ませると、むせて吐き出してしまうことがあります。少し時間をおいて、落ち着てから飲ませてください。もし吐き出してしまっても、少しでも口に入っていれば大丈夫です。無理やり全部飲ませる必要はありません。

お薬がちゃんと飲めたら、お子様をほめてあげてください。

電話をかける