こどものびょうき 【おたふくかぜ】

ムンプスウイルスによる感染症

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ、ムンプス)は、ムンプスウイルスによる病気で、唾液を通じての空気感染または、接触感染でうつります。

潜伏期間はおおよそ2~3週間です。不顕性感染(感染しているのに症状が出ない)も、約30%あります。

症状としては、耳下腺部(耳の下)が腫れます。片側から始まり、1~2日のうちに両側が腫れてきますが、約30%くらいが片側だけで終わります。

腫れは、痛みがありますが、3日くらいでピークをむかえ、1週間から10日程度で消失します。

発熱が見られることもあり、1~3日程度続きます。耳下腺部の痛みのため、食べ物がかみにくい、飲み込みにくいなどの症状が出ることもあります。

また、耳下腺のみでなく、顎下腺や舌下腺(顎の下、顎と首の間にある)などの唾液腺が腫れることもあります。

診断は、耳の下の痛みと腫れで行いますが、確定診断には、血液検査での抗体検査を行います。

治療は、ウイルス性が原因であるため、治療は対症的に行います。

発熱および痛みに対しては解熱鎮痛剤の内服や座薬を使用します。

出席停止期間に関しては、学校保健法では耳下腺の腫脹が消失するまでとなっています。

期間的には1週間前後くらいと考えられます。

こんなとき注意:

合併症として無菌性髄膜炎があります。

おたふくかぜにかかっている間に、発熱、頭痛、嘔吐が見られるときはこの病気が考えられますので、早めに病院へかかってください。

電話をかける