こどものびょうき 【ヘルパンギーナ】

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナは、手足口病や咽頭結膜熱(アデノウイルス感染症、プール熱)と同様、主に夏季に流行するウイルス性の病気で夏風邪症候群とも呼ばれます(最近では夏だけではないのでこの言葉はほとんど死語?)。
潜伏期間は2~4日ほどです。症状は発熱、のどの痛み、食欲減少、水分摂取の減少が見られます。

発熱は平均2~4日ほどです。のどの痛みは、口の中の病変によるもので、おもに口蓋垂(のどちんこ)の横の小さな水疱ですが、最初は小さな赤い点のような感じで、その後水疱・潰瘍を形成していきます。

治療は、ウイルス性疾患のため対症療法となります。

発熱に対しては座薬を使用します。食欲の減少に関しては無理をせず、脱水にならないように水分をしっかりとらせてください。

食欲に関しては2日ほどで戻ってくることが多いようです。

ただ、水分もほとんどとれないときには脱水の予防のため点滴を行うこともあります。

電話をかける