こどものびょうき 【アデノウイルス】

アデノウイルスによる感染症

アデノウイルス感染症は、発熱・のどの痛み、眼の充血、目やになどの症状が出ます。

熱の期間は、短くて2日ほど、長いときは1週間ほど続くこともありますが、平均4~5日ほどです。

その間、頭痛、腹痛や下痢を伴うこともあります。また、眼の痛みや充血、目やにが出たりもします。

特に夏には、プール後に症状が現れることから“ プール熱 ”とも呼ばれます。

潜伏期間は5~7日ほどで、主に唾液などの飛沫により感染しますが、涙・鼻水・便なども感染経路となります。

診断は咽頭ぬぐい液を用いた迅速診断キットでおこないます。

治療に関しては、ウイルスのため特効薬はなく、治療は対症療法を行います。

高熱で痛みのある時などは、解熱鎮痛剤の内服や坐薬を使用したり、2次感染予防のため抗生剤の内服を行い、眼の痛みや赤みが強い時、眼脂が多い時には、細菌などの点眼薬を使用します。

唾液や、鼻水、涙によりうつりますので、兄弟や家族の間で、タオルや食器などの共有なるべくは避けて下さい。

主要症状消退後2日を経過するまで 出席停止となります。

ただし、ウイルスの排泄は、眼・咽頭からは2週間、糞便へは3~4週間と長期間にわたります。

電話をかける